- 未分類

成功させるためには

家事スキル

親が参加する結婚相談所の代理お見合いを成功させるのは、親の力だけではありません。例えば代理お見合いで人気のある職業は、やはり保育士です。保育士という職業が家庭的なイメージが強くなっておりますので保育士の娘さんのいる方は、男性の保護者の方が列をなしているのを良く見かけます。また年齢も非常に重要で、やはり若ければ若い程人気があります。特に女性は出産などの問題もありますので40代以上の方はあまり見かけません。

逆に人気のない職業というのは、転勤が多い職業です。お給料が安いという方が敬遠される対象のように思われるかもしれませんが、夫婦共働きが当たり前になっている現在においては、お給料よりも生活範囲がコロコロと変わる事に嫌悪感を持っている方が多くなっております。

他にも男性に求められているのが家事スキルです。昭和の時代のように男性は外で働いて、女性は家庭を守るというような事は珍しくなっております。特に親が参加する代理お見合いに来ている方というのは、大抵が会社員の方ですので、結婚した後に、女性の方が働けなくなるといった環境の変化を嫌っている方もいます。共働き、家事分担が当たり前な世の中ですのでそういった部分をしっかりとしておくことが成功の鍵となります。

Pocket

- 未分類

参加してる方の特徴

結婚相談所で行われている人気のサービスが、親の代理お見合いです。本人が不在のままで行われるお見合いで重要になっているのが娘さんや息子さんの写真つきプロフィールシートです。娘さんや息子さんの写真つきプロフィールシートには、写真の他に名前や年齢、居住地、勤務先、年齢、性格、身長、体重などが記載されております。これをテーブルの上においておき、参加者に持ち帰ってもらい、自分のお子さんに見てもらうのです。素の際に親御さん同士でお話をする場合もありますので、親の方を観てお子さんをイメージされる事もあります。

結婚相談所この前に参加者リストの書かれている名簿をチェックする時間がありますので、その段階である程度絞っておくような方もいます。参加される両親の年齢は、50代や60代なのですが、中には70代の参加者などもチラホラ見えるようです。その為、相手をしっかりと見極める事が重要になります。

結婚相談所によって規模が全然違っております。多ければそれだけ確率が高くなると思われている方も多いのですが、時間が決まっている分、回れる人数というのは決まっておりますので、人数の多さではなく参加者のクオリティの方が重要になります。結婚相談所によって色々な代理お見合いがありますので、一度で諦めず複数の参加するのが必要になります。

Pocket

- 未分類

生涯未婚率と結婚相談所のサービス

結婚
画像出典元 「フィオーレ-結婚相談所利用

2017年の12月現在において、男性の三人に一人が生涯未婚と言われております。この生涯未婚率というのは、50歳の時点で一度も結婚した経験なない方の割合なのですが、女性が20パーセント弱という事を考えても男性の未婚率は深刻になってきております。男性の未婚率の急増は、日本の少子化の最大の原因と言われていて、少子化を無くすためには、既婚者の出産機会が増えるようにする事に加えて、未婚者が結婚できる土壌を作る事、出来れば晩婚ではなくなるべく早く子供を作る事が重要になってきます。

そんな未婚率の増加に焦りを見せているのが未婚の子を持つ両親です。昭和の時代などは、職場の上司や近所の世話好きのおばさんなどがお見合い話を持って来てくれたりもしていましたが、最近ではそういった事も少なくなりました。職場に出会いのチャンスがないような場合には、結婚相手が自然に見つかるといった事は難しくなってきております

そこでここ数年の間に未婚のお子さんを持つ親御さんの間でブームになっているのが、親の代理お見合いです。結婚相談所の中には定期的に親による代理お見合いができる場を設けてくれている所も増えており人気となっております。しかし、まだ親の代理お見合いの存在を知ってはいても、実際にどのような事をするのか分からずに不安に思っている方も多いと思います。そこでこちらのページでは、結婚相談所で行われている親の代理お見合い基礎知識などの情報をご紹介します。

Pocket